西村陽一郎写真集 青い花

全ページWeb公開中!
https://www.minnanogallery.com/blue-flower-viewpage

第58回 全国カタログ展 図録部門 「金賞」「国立印刷局理事長賞」ダブル受賞作品

500部限定発行 / 作家署名入り
B4 サイズ(縦372mm × 横265mm × 高さ20mm)
ハードカバー / 112 ページ
​出版 株式会社鎌倉現代 
ISBN: 978-4-9909070-0-6

編集 田森葉一
詩  新美亜希子
翻訳 河田展子
印刷 株式会社山田写真製版所
​   熊倉桂三(プリンティングディレクター)
解説 森山大道
   飯沢耕太郎


写真家 西村陽一郎
1967 年東京都生まれ。美学校写真工房修了。撮影助手を経て1990 年に独立し、フリーランスの写真家として活動を始める。カメラを使わない写真技法であるフォトグラムやスキャングラムを中心に、植物や水、昆虫、ヌードなどをモチーフとした作品を発表している。

期待される若手写真家20 人展(パルコ)、ヤング・ポートフォリオ展(K'MoPA)、’ 99 EPSON Color Imaging CONTEST、PHILIP MORRIS ART AWARD 2000、TPCC チャレンジ(東京写真文化館)などに入選。


森山大道(写真家)
『西村陽一郎さんが創るイメージ世界は、いつもどこか夢性を帯びている。さりげなくクールでエロティックでミステリアスな夢。
深夜、灯りを消して目を閉じると、瞼の裏に映る燐光に似たさまざまな光景が、網膜にそってゆらめき流れ過ぎてゆく。その、名状しがたい光彩の変容を感応するとき、いつもぼくは西村さんの映像を経験する。
妖しく官能的で蠱惑に充ちたミクロコスモスへの旅を。
作品集「青い花」は、西村さんの感性の昇華である。』

飯沢耕太郎(写真評論家)
『今回、西村が試みたのは、彼自身によって「スキャングラム透過陰画法」と名づけられた新技法である。この技法は、スキャナ上に置いた花や葉をネガデータにすることで作られる、いわばフォトグラムのデジタル版とでもいうべきものだ。最大の特徴は、植物の輪郭やフォルムが写しとられるだけでなく、色味が補色に反転することで、たとえば赤いハイビスカスやツツジは青っぽい画像に出力されてくる。その視覚的効果は絶大なもので、花たちはあたかも月の光に染め上げられたような魔術的な雰囲気を醸し出すことになる。いわばポジからネガに転じた「影の花たち」が、そこに出現してくるといえるだろう。』


プリンティングディレクター熊倉桂三が写真集印刷を指揮

熊倉桂三
株式会社山田写真製版所 技術開発室長/ プリンティングディレクター
30 年にわたり、故亀倉雄策氏をはじめ、故田中一光氏、永井一正氏、勝井三雄氏、浅葉克己氏等グラフィックデザイナーや、故並河萬里氏、石元泰博氏、十文字美信氏、白鳥真太郎氏等フォトグラファーなど、多くのクリエイターとともに共同作業で作品を生み出してきた。


第58 回全国カタログ展図録部門
「金賞」 「国立印刷局理事長賞」 ダブル受賞

審査員の講評
『本作品は多くの色彩で表現された図書とは異なり、青の濃淡のみを基調として表現されたものである。シンプルでありながら、透き通るような青色の花は、一瞬見ただけで強く脳裏に焼きついた。静かではあるが、その美しさから、見る者に迫ってくる様な迫力を持った作品である。』
第58回全国カタログ展<目録>より

¥ 22,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する